-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-12 20:33 | カテゴリ:自作冷温庫
こんにちは。
FatMikeです。


連日猛暑ですが、
皆さん無事ですか?笑

私はエアコンで風邪をひきまして、
かれこれ一週間くらい長引いております…。


この暑さですから、
幼虫の温度管理に苦労なさっている方も少なくないと思います。

私も自作冷温庫が心配でしたが、
冷蔵庫のパワーに助けられ、
無事に冷えております。



日中は庫外の温度が30度を軽く超えていますが、
庫内の温度は24~26度で落ち着いております。
25度を狙っていますが、
どうしても±1度の誤差が出てしまいます。
これが±0・5度くらいになってくれると良いのですが、
なかなか難しいですね。

今はこれが限界のような気がしてます。



外側にもアルミマットを貼り付け、
隙間をコーキングとアルミテープで塞ぎ、
一応完成しました。






気になる部分も多々あるのですが、
改良する気力が今はありません。

秋になって涼しくなってからですかね。笑
もしくは来年…笑




今期の飼育数は68頭で確定したと思っていたのですが、
産んでいないと思っていた菌床産卵セットに、
どうやら幼虫が数頭いる模様…


産んでくれたのは嬉しいですが、
菌糸ビンの予備が2本しか無いので、
今さらノコノコ出てこられても困ります。笑


2頭以内か、もしくは10頭以上いてほしいです。

菌糸ビン1本注文とか笑えます。笑
送料の方が圧倒的に高い。笑




1つ質問があるのですが、
皆さんは2本目に交換する際の菌糸ビンの本数の割合をどのように予想していますか?

やはり半々くらいを想定して、
それぞれをちょっと多めに用意すれば良いのでしょうか。


♀は大きいボトルに入れても問題は無いですが、
♂を小さいボトルに入れるわけにはいかないので、
少々不安になってしまいました。


ネットで調べてもなかなか出てこなかったので、
皆さんのアドバイスを頂けたら幸いです。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト
2013-07-03 14:24 | カテゴリ:自作冷温庫
こんにちは。
FatMikeです。


自作冷温庫ですが、
ほぼ完成しました。

じゃん!






どうでしょうか。

不器用で大雑把な私にしては、
上出来だと思います。


あとは、
扉の外側にアルミマットを貼り付けるだけです。


少しずつ地道に作っていこうと思っていたのですが、
スペース的な理由から、
一気に作らざるを得ませんでしたので、
1日で一気に作り上げました。
そのため写真は完成形のみで、
途中経過の写真は一切ございません。笑


想像はしていましたが、
計画通りにいかないこともしばしばあり、
所要時間は約15時間。
死ぬほど疲れました…
作業の最後の方はボーッとして嫌になってしまい、
かなり雑になってしまいました。



冷蔵庫、0円(貰い物)
サーモ、0円(貰い物)
ラック、0円(貰い物)
温度計①、0円(貰い物)
温度計②、780円
ファン×2、1998円
スタイロフォーム、6126円
カット代、800円
ブロック×4、320円
アルミマット×6、2994円
コーキング×3、536円
アルミテープ×5、2400円
ネジ、546円
取っ手×3、1796円
マグネット×6、888円
ちょうばん×6、1740円

合計20924円



1番重要な冷蔵庫、サーモ、ラックは昨年限りでブリードをやめた私の弟からのおさがりです。

1番お金が掛かる部分が0円で済んだのはラッキーでした。


使用しているサーモはこれです。





意外とお金が掛かってしまいました。
15000円くらいでおさまる予定だったんですけどね…


アルミテープやコーキングの消費が思ったよりも激しく、
途中で買い足しました。
アルミテープは予想以上にお金が掛かってしまいました…

計画的に使えばもう少し節約出来たかもしれません。


容量は、
およそ870リットルです。

冷却源が冷蔵庫+冷凍庫なので、
冷却機能は問題無いと思います。


気になる庫内の温度差ですが、
まだ確かめていません。笑

菌糸ビンを入れてある部分は、
ほとんど温度差はありません。

現在25度で設定しています。





まだまだ改良しなければならない部分も出てくるでしょうが、
今のところ問題無く使えています。



何かアドバイスやダメ出しがありましたら、
よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。